生ローヤルゼリーの賞味期限

ローヤルゼリーの効果を最大限に取り入れたいという人には、生ローヤルゼリーがなんといっても一番おすすめです。

さて、生ローヤルゼリーにももちろん賞味期限があります。
ローヤルゼリーはもともと強い抗菌作用殺菌作用がありますので、ローヤルゼリー自体に菌の繁殖を防ぐ効果があります。
したがって菌に強く腐りにくいといえます。
ところがローヤルゼリーは糖質が意外に低く、また水分を含んでおり、長期間品質を保つことがとても難しいのです。
ローヤルゼリーは腐りにくい性質を持っていますが、時間が経過するにつれて品質が落ちてしまうのです。
また品質が衰えることにより、風味も変わってしまいます。

ローヤルゼリーの品質を保つためには、マイナス18度以下の保存が必要といわれています。
したがって家庭の冷蔵庫では、チルドルームなどでの保存が適しているといえます。

冷凍保存をする方法もありますが、飲む前に自然解凍をする必要があり、多少手間がかかってしまいます。
生ローヤルゼリーはとにかく鮮度が命といえます。
あまり買いだめすることをせずに、賞味期限内に飲みきれる分をこまめに購入することをおすすめします。

生ローヤルゼリーは独特の香りや味がし、また舌がびりびりするような、刺激を感じるのが特徴です。
ところが品質が落ちた場合には、そのよう独特な香りや味がマイルドになり、舌への刺激を和らぎます。
このような状態を感じた場合には、そのローヤルゼリーは劣化しているという意味ですので注意しましょう。

トップに戻る