ガンとローヤルゼリーの関係性

ガンの原因は完全には解明されておらず、完璧な治療や予防方法はありません。
現在の医学では、人間を形成する細胞が何らかの原因で、ガン細胞に突然変異するとされ、細胞を正常化させることや免疫力をアップさせることなどがガン細胞の発生の抑制につながるのではと考えられています。

ローヤルゼリーにはガン細胞の抑制が期待できる多糖体、ストレスによる免疫力低下の予防に有効なビタミンB類をはじめとする成分、ローヤルゼリーにしか含まれない抗がん作用のあるデセン酸などが含まれています。
ローヤルゼリーに含まれている多糖体はNK細胞を助け、細胞の正常化に有効に働き、アセチルコリン、ビタミンB12といった成分は自律神経を整えて、ストレスからくる免疫力低下の防止に有効に働きます。
そしてデセン酸は、マウス実験でガン細胞の縮小化、ガン細胞の転移の予防があるとの研究成果が発表されています。
ガンは年齢を重ねることで発生する可能性が高くなるとされています。
それは細胞自体が衰えることでNK細胞などの免疫細胞が上手く働かなくなり、ガンが発生しやすくなることが要因の1つです。
ローヤルゼリーで栄養バランスを整え、体力増進させることで細胞の衰えを抑制することもできます。

抗がん剤は副作用が心配ですが、ローヤルゼリーは基本的にはその心配がありません。
しかし、アレルギー疾患などの症状や治療の支障になる可能性はゼロではありません。
注意が必要です。

トップに戻る