子宮筋腫に対するローヤルゼリーの有効性

ローヤルゼリーは様々な栄養素がバランスよく含まれ、幅広い効果・効能を発揮する優れものですが、子宮筋腫にも有効です。
子宮筋腫に対するローヤルゼリーの有効性について解説します。
はっきりとした原因は不明ですが、子宮筋腫はエストロゲンという女性ホルモンが深く関わっているといわれています。
ホルモンバランスが乱れてエストロゲンが増えると筋腫は大きくなり、エストロゲンが減少する閉経後に小さくなるという事が分かっているからです。
そのため、ホルモンバランスの調整作用のあるローヤルゼリーは子宮筋腫に有効だといえます。

また、漢方では子宮筋腫の一番の原因は血行不良であるとされています。
したがって、ローヤルゼリーの持つ血行促進作用で体の不調を改善する事により、正常なホルモンバランスを維持できるのです。
さらに、ローヤルゼリーは疲労回復や滋養強壮にも有効なので、子宮筋腫の手術後に体力や免疫力をつける目的で服用するのもオススメです。

子宮筋腫は成人女性の約20~30%が持っているといわれており、女性特有の病気としては最もポピュラーです。
筋腫自体は良性の腫瘍ですが、放置すると他の病気との合併症を起こしたり、不妊や流産の原因になる事があります。
ローヤルゼリーを服用する事で発育を抑えられるので、筋腫があると診断された人は積極的に取り入れてみてください。
特に自覚症状がなくても、早い段階から対策を始める事が重要です。

トップに戻る