ローヤルゼリーの抗癌作用

ローヤルゼリーとは女王蜂に給餌される食物です。
ローヤルゼリーにはアミノ酸やビタミンなど健康に良い栄養が豊富に含まれており、さまざまな天然の花粉や蜜が使用されています。
多くの植物が溶け込んでいるため、アレルゲンを摂取した場合はアレルギー反応が出ることも考えられるので注意が必要です。

ローヤルゼリーは他にはないデセン酸が含まれており、更年期症状の緩和などの効果を実感できるほか、抗癌作用が期待できるといわれています。
ほかにも疲労回復や冷え性の改善効果、ストレス緩和効果や自律神経を整える効果が期待できますが、これらがそれぞれ抗癌作用に繋がっているといえます。

患者の多くは癌であることからイライラしてしまったり、大きな不安にかられ、ふさぎ込んでしまったり、不眠に悩まされたりなど精神的に落ち込んでしまうことがあります。
ローヤルゼリーを飲むことにより自律神経を活性化してバランスを整え精神状態を落ち着かせることが期待できるのです。
ローヤルゼリーに含まれるデセン酸のように抗癌作用が期待できるほか、癌に対する抵抗力を増したり免疫力を高め血液の循環を良くしたりと間接的に働きかけることで、癌を治療していく手助けになるのです。

また、ロイヤルゼリーには、ナチュラルキラー細胞の働きを助けてくれます。
ナチュラルキラー細胞は、ガン細胞を攻撃してくれるため、ロイヤルゼリーを摂取することで効果的にがん細胞を減らすことが出来ます。
副作用に注意して、食品としてガンを食い止めることができるロイヤルゼリーを試してみては如何でしょうか。

トップに戻る