ローヤルゼリーの種類

豊富なビタミンやアミノ酸を含むローヤルゼリーは、毎日の健康と美容に効果的な健康食品です。
しかし、いざローヤルゼリーのアイテムを選ぶとなると商品はお店にたくさん並んでいて値段もピンキリです。
高品質が売りの専門店で購入すればそれなりの値段がします。
一方で100円ショップにもローヤルゼリーの商品が売られています。
同じローヤルゼリーでどのような違いがあるのでしょう。
もちろん、原産地や含有量で価格は大きく違ってきますが、ローヤルゼリーの場合、その製法も価格や品質に影響してきます。
それぞれ一長一短の性格があるのです。

ローヤルゼリーは働きバチが食べたものが体内で合成され分泌されたもので、女王バチのエサになります。
それをそのまま採取したものが生ローヤルゼリーです。
鮮度が高いため栄養価も最も高いです。
しかし生ものですので保存がきかないのが難点です。
独特な酸味や苦味があるので味が苦手と感じる方も多いです。

生ローヤルゼリーの水分を飛ばして生成されたものが乾燥ローヤルゼリーです。
生より栄養価は落ちてしまいますが長期保存ができるため、価格も安定していて最も流通しているタイプです。

ローヤルゼリーに他の栄養素を加えたものが調整ローヤルゼリーと呼ばれているものです。
ローヤルゼリーの効能にプラスして他の効果も得たい方におすすめです。
例えば美容目的に利用されたい方は相乗効果のあるコエンザイムQ10やコラーゲンが配合された物を選ぶと良いでしょう。
しかしローヤルゼリー自体の栄養素は減ってしまうのでローヤルゼリーの効能を重視している方にはお勧めできません。

それぞれの製法の性格を比べ、ご自身に一番合った製品を選んでください。

トップに戻る