ローヤルゼリーと自律神経失調症

ローヤルゼリーは自律神経失調症に有効といわれています。
末梢神経の1つである自律神経は、交感神経と副交感神経の2つに分けられます。
交感神経と副交感神経のバランスは間脳を介して調整されており、その2つのバランスが崩れてしまうと自律神経失調症の発症につながります。

なぜ交感神経と副交感神経のバランスが崩れてしまうのでしょうか。
その主な原因として疲労、ストレス、ホルモンバランスの乱れなどを挙げることができます。
特にストレスは人間関係だけでなく、光や温度でも引き起こされます。
昼夜が逆転していたり、慢性的な寝不足が多い現代社会では、どうしても自律神経は乱れがちです。

そんな乱れがちな自律神経を整えるのに有効に働く成分がローヤルゼリーには豊富に含まれています。
アセチルコリンは間脳の働きを活性化し、ストレスの緩和に有効です。
デセン酸はホルモンバランスを整える働きをします。
ビタミン、ミネラルはホルモンバランスを整えるサポートをしてくれます。
自律神経失調症の症状は多岐にわたっており、確立した診断基準がある訳ではありません。
病院などで検査しても異常がないといわれるのに体調不良が長期間続くことも多いため、自律神経失調症はうつ病などにつながりやすいとされています。
症状が悪化する前に習慣的にローヤルゼリーを摂取しておくことで、その発症を予防したり抑制する効果が期待できます。

トップに戻る