一番いいのはどこ?ローヤルゼリーの産地

栄養豊富で様々な効果・効能を持ち、万能薬として昔から重宝されてきたローヤルゼリー。
一口にローヤルゼリーと言っても、品質や値段は産地によって異なります。
安全性にこだわるならやはり国産が一番と思いがちですが、現在日本で販売されているローヤルゼリーはほとんどが輸入物です。
日本は気候の関係でローヤルゼリーを大量生産する事が難しいため、国産は希少価値も値段も高めとなっています。

輸入物のローヤルゼリーで最も多いのは中国産です。
中国は環境汚染が問題視されているため、安全性に不安を感じる人もいらっしゃるでしょう。
しかし、中国産が全て危険とは限りません。
中国産でも、管理の徹底した専用農場で製造され、厳しい検査を通過したローヤルゼリーがあるからです。

中国産の次に多いのは台湾産です。
台湾産は国産よりも値段が手頃で、品質も安全性も高いとされています。
また、日本と台湾は距離的にも近いため、採れたてのローヤルゼリーを新鮮なうちに輸入する事が可能です。
国産は高額で入手しづらいけど、安心して摂取できるものを選びたいという場合は台湾産がオススメです。

中国と台湾以外では、タイ・オーストラリア・ニュージーランド等からも輸入されています。
しかし、これらの国は輸送に時間がかかるため、市場に出回るまでの間に品質が落ちてしまうというデメリットがあります。
産地は重要な項目ですが、選ぶ基準は人それぞれなので、あくまで参考程度と思っておいた方がよいでしょう。

トップに戻る